群馬県前橋市にあります地域密着型の医療クリニック

松山医院 027-221-5297

がんの統合医療
アンチエイジング
男性更年期障害/ED
発毛外来 (男性・女性)
一般診療
STD外来
Queen's Medical & Spa
Athena clinics
一般社団法人 国際抗老化再生医療学会(WAARM)
ICAIM(国際先進統合医療大学校)
点滴療法研究会
日本臨床医学発毛協会
がんの点滴療法
  • がんの点滴療法
  • BAK療法(免疫療法)
  • 5種複合免疫療法
  • CTC検査
  • EDT検査
  • がん検査
  • 高濃度ビタミンC療法

    ビタミンCを点滴で大量に投与すると、抗がん作用を示すことが研究で明らかにされています。血液中のビタミンCが高濃度になると過酸化水素が発生します。この過酸化水素は正常な細胞に影響を与えずに、がん細胞だけに強い障害を与えます。アメリカやカナダではビタミンC点滴によるがん治療の論文が発表され、多くの施設でがん患者さんはビタミンC点滴の治療を受けています。ビタミンC点滴は進行したがんにおいても生活の質(痛み、倦怠感、食欲不振、化学療法や放射線療法の副作用)を改善します。ビタミンC点滴は化学療法や放射線治療と併用する事もできます。

    これまでの報告や研究から脳腫瘍、肺がん、胃がん、大腸がん、膵臓がん、肝臓がん、膀胱がん、腎臓がん、乳がん、前立腺がん、卵巣がん、子宮がん、悪性リンパ腫、白血病、その他多くのがんに効果があると言われています。同じ部位のがんでもC点滴の効果には個人差があります。
    C点滴はがんの縮小効果だけでなく、生活の質(QOL)の改善や延命等、がんの補助療法として用いる事ができます。

  • 高濃度ビタミンC点滴療法が適しているのは次の方です。

    ①手術・放射線・化学療法が無効の場合
    ②手術・放射線・化学療法の効果をより確実にする
    ③放射線・化学療法の副作用を和らげる
    ④手術後の再発予防
    ⑤手術までの待機期間中の転移予防
    ⑥代替治療を希望する場合など

    手術、抗がん剤、放射線治療が有効ながんの場合は、それを優先するか、C点滴との併用を推奨します。

  • 治療の特徴

    ①ビタミンCの抗酸化作用で細胞のガン化を防ぐ
    ②免疫機を増強する
    ③発ガン物質を解毒し体外に排泄する
    ④抗ガン剤の副作用を弱める

  • 治療案内

    初診料

    3,500円

    ビタミンC  10g

    6,480円 所要時間  約20分

    ビタミンC  25g
    9,940円 所要時間  約30分
    ビタミンC  50g
    16,640円 所要時間  約60分
    ビタミンC  60g
    18,800円 所要時間  約70分
    ビタミンC  75g
    23,330円 所要時間  約80分
    ビタミンC 100g
    30,030円 所要時間  約90分

  • 点滴時間、治療の回数や期間について

    最初はビタミンCを少ない量から点滴を開始し、徐々に増量して、50~75gの治療濃度まで増量します。点滴時間は1時間~1時間30分です。ビタミンCの投与量を決めるためにビタミンCの血中濃度を測定します。点滴の回数は通常は週2回、症状により週3~5回必要なこともあります。治療は6カ月~1年間継続し、経過が良ければ回数を減らします。免疫療法や温熱療法など他の治療法との併用も可能です。

お問い合わせ